ペニスをバキバキに硬くする最善の方法|ちんこの硬さを効率的にUP!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペニスをバキバキに硬くする最善の方法|ちんこの硬さを効率的にUP!

ペニスの硬さ、若いころに比べていかがでしょうか。日本人は諸外国と比べ、勃起時のペニスの硬さは硬く、まるで骨が入っているようになります。

しかし、それは最も性欲旺盛だったころの話で、今となってはあの頃の硬さとは程遠く、勃起しても押すと「ふにっ」と柔らかさを感じるほど…

セックスのときもいまひとつ力を発揮しきれず、もっとペニスの硬さを取り戻したいと思っている方も多いのではないでしょうか?

ペニスの硬さは、バイアグラなど勃起薬を使わないと治らないと思ったら大間違いです。ほかにもペニスの硬さを取り戻せる方法があるのです!

それは、ペニスの硬さが衰える理由をわかった上で、これらの方法から選択することです。

  1. 生活習慣を改善する
  2. 勃起薬を使用する
  3. シトルリンサプリを使用する

シトルリンサプリを使用しつつ、生活習慣を改善する、というのが最強の解決法と言えます。

でも、それって本当に効果あるの?など、疑問に思われるかもしれません。

それではここから、勃起のメカニズム、硬さアップの秘密を探り、実際にペニスの硬さの復活を実現させましょう!

ペニスの硬さをより硬くすることは可能か

中でも、ペニスの硬さをより硬くすることは、ちゃんと可能です!

年齢を重ねてからでも、若いころのようにガチガチに硬い勃起はまた手に入れられるのです!

そのためには、勃起のメカニズムを正しく知り、どうやって勃起の硬さを取り戻すのか、という理屈を知ることは非常に重要です。

ペニスの元気を取り戻すために、勃起のメカニズムをしっかりと押さえていきましょう!

勃起のメカニズムとは

まず勃起のメカニズムについて見ていきます。勃起にとって非常に大きな要素となるのが、神経と血管、そして血流です。

ペニスには当然、骨はありません。陰茎ペニスのほとんどは陰茎海綿体と、尿道海綿体で構成されています。

海綿体とは、毛細血管が無数に絡み合い、スポンジ状になっている組織です。通常の状態では、柔らかいスポンジのようになっています。

男性が性的な刺激を受けると、まず脳が性的な刺激を認識し、神経に合図を送ります。合図が送られると、体内では一酸化窒素が放出されます。

体内に一酸化窒素が放出されると、それに反応して、サイクリックGMPという物質が増加します。サイクリックGMPは血管拡張剤のようなもので、増加すると、血管が拡張され、陰茎海綿体に一気に血流が流れ込むのです。

勃起状態が完了すると、海綿体を取り巻いている白膜も膨れた状態となり、静脈が圧迫され、血流の逃げ場を無くします。こうして勃起状態が整うことになります。

つまり、勃起しているにも関わらずペニスがあまり硬くならないのは、陰茎海綿体に十分な血液が送られていないからです。

それではなぜ加齢とともに満足に血流が送られなくなってしまうのか、について押さえていきましょう。

ペニスの硬さが衰える理由はこれだった!

ペニスの硬さが衰える理由は、ずばり血流の悪さと、筋力の低下が原因です。勃起のメカニズムがわかるようになると、血流、そして血流を陰茎内にとどめる筋肉が勃起にとっていかに大切かが理解できます。

血流や筋力は対策をしない限り、加齢とともにどんどん衰えていってしまいます。

血流に関しては、加齢に従って血管が細くなり、その結果血流が悪くなり、さらに喫煙などが原因で動脈硬化が進み、血行が悪くなっていることもあります。

筋力は日常生活の動きだけでは、十分につけられるものではありません。特に勃起に関しては、下半身の筋肉が重要とされています。日常的にスクワットのような動作をしていない限りは、衰えてしまうのが通常です。

勃起の硬さがいまひとつ弱くなってきていると感じられた方は、こうした衰えが実際に勃起に響いているということを、まずは自覚しましょう。

勃起の硬さを妨げる直接の原因は、血流の悪さと筋力の低下でしたが、他にも間接的な原因があります。それらも紹介していきます。

疲労・ストレスは勃起の大敵

勃起の硬さがいまひとつだという人の中で、常に疲労・ストレスを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

疲労・ストレスは、生殖活動にとって大きな障害となります。あまりにも強い疲労・ストレスは、EDの原因にもなってしまいます。

人間には睡眠欲・食欲・性欲の三大欲求があります。この三大欲求に優先順位をつけるのであれば、この順番です。

  1. 睡眠欲
  2. 食欲
  3. 性欲

つまり、まずは睡眠によって、しっかりと体調を整え、食事で栄養を取り入れない限り、性欲ははっきりと姿を現さないのです。

性欲および生殖機能は、体全体の調子が整っていない限り、十分に機能してくれないものです。疲れている状態では、勃起が長続きしなかったり、そもそも勃起しなかったりします。

勃起の硬さがいまひとつと感じられる方は、まず自分の身体・そして精神的なストレスがないかということについて、改めて自分に問うてみてください。

性的刺激に鈍感になることも原因の一つ

勃起のメカニズムを理解出来るようになると、勃起の始まりは脳が性的刺激を受け取ることから始めることがわかります。この性的刺激が強いほどに、激しく勃起を促します

若いころはいろいろな性的刺激に慣れておらず、見るもの全てにドキドキし、激しく勃起したことでしょう。

特に思春期では、うっすら見える下着や、テレビのちょっとエッチなシーンにも、抑えられない性衝動を感じたはずです。

これらは慣れない性的刺激に、脳が激しく反応しているのです。しかし年齢を経ると、どうでしょうか?

成人雑誌やアダルト動画そのものに対して、さほど新鮮な性的刺激を感じることもないでしょうし、パートナーに関しても、若いころのように「とにかく抱きたい」という気持ちまでには至らないでしょう。

いざセックスを始めてみても、見慣れたバストに見慣れた反応が目の前に現れるだけで「新鮮味」とは程遠い感覚に陥ります。

こうした性的刺激への慣れによって、性的刺激に鈍感になってしまっていることが、勃起の硬さを落とす原因になっています。

そのため、脳が性的刺激をあまり受け取らず、勃起への合図もあまり強くならないということになります。ペニスの硬さと同時に、セックスへの関心も薄れていることに気が付くでしょう。

性的刺激に鈍感になることも、ペニスの硬さを衰えさせる原因となっているのです。

以上のように、勃起時のペニスの硬さが以前より柔らかくなるのには、しっかりとした理由があります。あなた自身のペニスの硬さを足らなくしている原因に、当てはまりそうなものはあったでしょうか?

思い当たる部分があったら、それは改善のチャンスです!それでは、ペニスの硬さアップのために何をしたらよいのか、方法を一つ一つ確認していきましょう!

方法①生活習慣の改善

ペニスの硬さが足りなくなる原因に、疲労・ストレスがありました。生活習慣を改善することにより、今ある体力を蘇らせ、ペニスの硬さも取り戻せるようになるでしょう。

さらに、明らかな疲労やストレスがなくても、それらをより感じさせない健康的な身体と精神を作るために、生活習慣の改善はとても効果的なのです。

基礎体力をしっかり整えることは、勃起時の硬さのみならず、あらゆる能力に影響するので積極的に行うことをおすすめします。

それでは、生活習慣改善の具体的な内容を見ていきましょう。

食生活の改善

働く男性にとって、食生活を見直すことは非常に重要な事です。食べ物は精子をつくるエネルギーになり、血流にとって重要な血液の「どろどろ」を改善するなど、たくさんの良い作用をもたらします。

食生活をどう改善すべきか、摂るべき食事と避けるべき食事に分けてご紹介します。

ペニスを硬くするために積極的に摂りたい食事

ペニスを硬くするために摂りたい食事は、牛乳、卵黄、地中海料理に含まれるもの(全粒穀物・オリーブオイル・柑橘類・魚類・ナッツ類)、そして亜鉛が多く含まれる牡蠣、鶏肉です。

牛乳・卵黄にはビタミンDが豊富に含まれています。ビタミンDは男性の精力であるテストステロンの活性を促すほか、勃起に必要な血管の拡張に必要な一酸化窒素を減少させる活性酵素を阻害する働きがあります。

ナッツ類も同じように、一酸化窒素の活性を促す働きがあります。

地中海料理が勃起に良いメカニズムははっきりとはわかっていません。

地中海料理はカロリーが低いため、減量効果があり、脂肪分が減り、血流がよくなる、という意見はあるものの、理由は明確ではありません。

しかし理由が明確にはわからずとも、勃起にとって効果的であることははっきりしています。実際、EDの治療にも地中海料理中心の食事に変えさせるといったものがあります。

イタリアやスペインの男性が性に積極的なことを考えると、その効果もうなずけるのではないでしょうか。

さらにコーヒーの習慣も、ペニスの硬さに効果的だと言われています。カフェインは興奮をもたらす作用があるほか、血流を改善する働きがあります。

カフェインの摂りすぎは良くないのですが、朝に1回コーヒーを飲む習慣は、ペニスの硬さアップには効果的だと言えます。

最後に血流を良くする食事として、玉葱・納豆も良いとされています。

これらの食事を習慣的に摂ることで、勃起力、そして勃起時のペニス力アップに効果があることは間違いないでしょう。

ペニスを硬くするために避けるべき食事

ペニスの硬さアップのためには、血流、そして精力が重要ということから、これらを妨げる食べ物は避けるべきです。

勃起の力を下げる食事は、ピザやフライドポテトなどの脂質・コレステロール値が高いもの、肥満の原因となってしまう糖分を多く含む菓子類、アルコール類です。

まず脂質・コレステロール値の高い食事は、血流を悪くするため、勃起を妨げてしまいます。糖分を多く含む菓子類に関しても同様です。

アルコール類は、適度に飲む分には構いませんが、セックスの直前に飲み過ぎてしまうと、副交感神経を鈍くしてしまい、脳が送る興奮信号が弱くなってしまいます。「気持ちよさ」を感じづらくなってしまうのです。

基本的に「摂ってはいけない食べ物」というのはありません。大切なのは、摂りすぎないことです。肥満になるような食生活は、血流の流れを悪くするほか、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を悪くします。

勃起の性能を悪くするだけでなく、精力そのものを下げてしまうのです。摂りすぎなければ、たまに楽しむ分には問題ありません。

最後に、ペニスの硬さにとって最も悪いのは、食事を摂らないことです。EDになってしまう患者の中にも「食事の量が極端に少ない」という方が多いです。

食事はペニスの充分な硬さを手に入れるためには非常に重要な要素なので、「適度に摂る」という精神をもつことがとても大切ですね。

適度な運動をする

適度な運動も、ペニスの硬さに強く影響します。適度に運動することは、基礎体力をつける、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促す、という点で効果的です。

運動不足や、慢性的な肥満は、勃起の力を弱くしてしまいます。原因はテストステロンの分泌が悪くなる、血流が悪くなる、といったところです。

適度な運動によってテストステロンの分泌が促されると、精力そのものが増し、性的興奮に対しての反応が強くなります。精子の合成も活発になるため、射精量などにも影響します。

加えて適度な運動は、勃起の大敵であるストレスを軽減させるという効果ももたらします。

ストレスが軽減すると、精神的負担がなくなるので、性的興奮がより感じられることになります。ペニスの勃起は、脳からの性的刺激を伝える信号によって、その強さが変わります。

適度な運動によって得られる効果は、ペニスの硬さだけに留まらないので、余裕のある方は、ぜひ習慣化してみましょう。

部位強化筋トレをする

勃起時のペニスの硬さにとって、骨盤あたりの筋肉は非常に重要な要素です。

ここで、体全体を鍛える激しい筋トレは必要ありません。勃起する際に働く筋肉、PC筋を鍛えるだけで充分です。

PC筋は骨盤付近を支える筋肉で、血液をペニスに送る働きもしているので、この部分が鍛えられていることによって、勃起したペニスからの血液を食い止める働きが強くなります。

ペニスの硬さが足りない原因の一つは、陰茎に流入した血液が、すぐにペニスから流出してしまうことです。これにより、勃起しても半勃起状態になってしまうのです。

PC筋を鍛えることで、この流出は防げるようになります。

鍛え方はとても簡単です。強く鍛えたいときはスクワットを、簡単に鍛えたい時は、肛門を強く締め付ける動作をするだけでOKです。

意識して継続的に行うことで、より効果を発揮するので、気が付いたときに鍛えてみるとよいでしょう。

生活習慣改善のデメリット

ペニスの硬さアップの方法として生活習慣の改善をご紹介しましたが、この方法にもデメリットがあります。

生活習慣改善のデメリットは次のような点です。

  • 即効性は無く、手間と時間がかかる
  • 強い効果があるわけではない

生活習慣の改善は、これまでの生活をがらりと変える必要があります。毎日の生活を変えることは、簡単なようで非常に手間がかかってしまうということは否定出来ません。

さらに食事改善ともなると、材料を用意する手間、調理する手間も必要です。

パートナーが全面的に協力してくれると良いのですが、そううまくいかないこともあるでしょう。この手間と時間は大きなデメリットとなりえます。

そして生活習慣の改善は、勃起時のペニスの硬さアップに効果はあるのですが、直接硬さを強めるといったものではありません。

あくまで精力・勃起力アップという総合的な精能力改善の一部といったくらいです。

生活習慣の改善には、このようなデメリットがあることは押さえておきましょう。

生活習慣改善メリット

デメリットがあれば、当然メリットもあります。

生活習慣改善のメリットは、このような点です。

  • 精力全体の回復に繋がる
  • 規則正しい生活、食事により、日々の充実度が高くなる
  • 他の方法と併用できる

生活習慣の改善は、ペニスの硬さアップに直接強い効果を示すものではありませんでしたが、精力という総合的な力を飛躍的に高められるということになります。それこそ、ペニスの硬さも含めて、性的に若返るということです。

日々の積み重ねは、継続によって大きな成果を生み出します。

それに、正しい生活、正しい食事を続けていく限り、それまで感じていたけだるさや眠気など、日常にまとわりついていたストレスから解放され、日中がどんどんと楽になっていきます。

このように日々の生活の質が上がり、充実度が増すことも大きなメリットと言えるでしょう。

そして生活習慣の改善は、他の方法と併用して続けられるという面を持ちます。それによって、二重に効果が発揮されることになるので、可能な限り、積極的に実践して欲しいものですね!

方法②勃起薬(ED治療薬)でペニスを硬くする

ペニスの硬さを改善する方法として、勃起薬を使う方法があります。勃起薬と言えば、日本ではバイアグラが有名です。

バイアグラは、もともと狭心症のための薬として開発された経緯があり、血管の拡張を促して血流を強くするという働きがあります。その働きにより、陰茎に一気に血流が流れ込み、強い勃起につながるというものです。

その効果は絶大なもので、飲むとまるで若いころのような勃起力が、一気に回復します。当然薬の効果が効いている間だけですが、短期間である分、よりはっきりと効果が感じられるでしょう。

しかし勃起薬は決して良い面ばかりではありません。バイアグラなどの勃起薬を使用するデメリット・メリットは、しっかりと押さえておきましょう。

勃起薬のデメリット

勃起薬のデメリットは、このような点です。

  • 副作用がある
  • お金がかかる
  • 一時的な効果しかない

バイアグラは正しく飲まないと、副作用を生じます。血管を拡張し、血流を促進する働きから、顔の火照り、目の充血や頭痛、めまいといった症状が現われる場合があります。

さらに心臓に疾患を持っている方は、使用に細心の注意を払わなければなりません。

このように、使用によって体に負担がかかり、運が悪ければ命を落とすこともあるなど、使用に際して、十分に注意をしなければならないというデメリットがあります。

副作用以外に、お金がかかってしまうというデメリットもあります。現在の日本では、勃起薬を手に入れる手段は二つ、病院で診察してもらい処方してもらう、そして薬の個人輸入業者から買うというものです。

処方してもらえたら、お金は思っているほどかからないのですが、無症状で処方してくれることはありません。

EDの前兆があるなど、処方箋を貰えるのは、勃起にトラブルがある場合のみに限られるでしょう。

個人輸入代行業者などを利用して手に入れる事も可能なのですが、保険適用ではない分、出費はかさみます。ほかのどの方法よりも金銭的負担が多い点も、デメリットであると言えます。

最後に、勃起薬はあくまで薬を使用している間のみに効果が限られるというデメリットです。薬が無くてはセックスを楽しめない、というのもちょっと嫌ですよね。

やはり長い目で見て、根本的にペニスの硬さをアップしたほうが、本来の目的にかなっているはずです。

一時的にどうしてもどうにかしたい、という場面で頼るのは良いのですが、長期間頼りっぱなしというのはおすすめできません。

勃起薬のメリット

勃起薬のメリットは、ずばり「確実な効果を期待できる」点です。飲むとペニスがみるみる硬くなるという実感は得られます。痛いくらいに勃起していた、若いころを思い出すほどの効果です。

この即効性は他では実現出来ないほどです。若いころを思い出すという意味で、一度使ってみるのは良いのかもしれませんね。

方法③L-シトルリンが高配合されたサプリでペニスを硬くする

最後に紹介したいのは、シトルリンサプリを使った方法です。シトルリンとは、スイカに多く含まれていることが分かっているアミノ酸で、シトルリンも勃起の際に血管を拡張する作用があり、血流を良くする効果を発揮してくれるものです。

バイアグラほど強い効果があるわけではありませんが、自然界のものでは、圧倒的に勃起にとって効果が強いとされています。

それでは、シトルリンサプリのメリット・デメリットについて知っていきましょう。

シトルリンサプリのデメリット

シトルリンサプリのデメリットは次の点です。

  • 目に見えるほどの即効性はない

シトルリンサプリは、天然由来のアミノ酸なので、決してバイアグラのように、一時的に強い効果を発揮するようなものではありません。摂取し続けたら、少しずつ効果を蓄積させていくというものです。

したがって、勃起剤ほどの即効性がないというのが、唯一のデメリットでしょう。

シトルリンのサプリのメリット

シトルリンサプリのメリットは次のようなものが挙げられます。

  • 簡単に続けられる
  • 効果が一時的ではない
  • ペニスの硬さを高められる
  • お金があまりかからない
  • 副作用などがない

ペニスの硬さを硬くするために生活習慣の改善をするのは、非常に手間がかかります。しかしシトルリンのサプリであれば、一日にサプリを服用するだけで、効率的に必要な栄養素を充分摂り入れられることになります。

それに効果は一時的なものではありません。シトルリンは、勃起薬のように「薬の力」ではなく、「自分の力」を底上げしてくれるものです。効果が継続的なのは、大きなメリットです。

そしてシトルリンサプリは勃起剤ほどお金がかかりません。当然薬では無いので、処方箋も必要ありません。必要に応じて、自分で購入するだけです。

さらに天然由来の成分、L-シトルリンは、天然由来のものでは圧倒的に勃起に効果があると言われているにもかかわらず、副作用が全くないというメリットがあります。

まれにアレルギーなどで、特定のサプリを飲めないという方もいらっしゃいますが、ほとんど効いたことがありません。

勃起剤の場合は、副作用に注意して服用する必要がありましたが、シトルリンサプリでは副作用を気にすることはまったくありません

安く、手軽に、そして副作用を気にすることなく、ペニスの硬さアップへの効果的なアプローチが可能なのです。

効果はすぐに出るというわけでは無いので、数か月は服用する必要があります。しかし、継続して服用した後に、ふとその効果を実感出来るようになるでしょう。

まずは試してみることが大切です。一度半年ほど続けてみて、効果が無ければ止める、というのがベストでしょう。

まとめ

ペニスを硬さが足りないと感じるのは、血流の悪さや加齢による男性ホルモンの低下が原因でした。

それを解決する方法として、これらの方法を紹介させていただきました。

  1. 生活習慣の改善
  2. 勃起薬の使用
  3. シトルリンサプリの使用

それぞれの方法にはメリット・デメリットがあります。

自分の精力、そしてペニスの硬さを根本的に改善したい方は、継続して続けていくことによって、生活習慣の改善を選ぶと良いでしょう。

またセックスのときだけ硬さを改善出来たらそれで良いという方は、勃起薬を利用する、という方法も良いでしょう。

しかし一番オススメしたいのが、シトルリンサプリを利用しつつ、少しずつ生活習慣を改善していくという方法です。

シトルリンサプリの併用は、ペニスの硬さアップ効果、効果が出るまでにかかる手間・時間・費用を考えた時にもっとも現実的な方法だからです。

すぐには効果が現れるわけではありませんが、3ヶ月~半年程度で効果が実感できるようになるでしょう。副作用もなく、費用も現実的、試してみない手はないと思います。

ぜひ一度試してみて下さいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!