よくある質問TM9(省管理型コウライシバ)こんな場合はどうしたら?|株式会社トヨタルーフガーデン

エアレーションについて

エアレーションは芝張り後、経年による土壌の硬化や酸素不足等を解消する為に、一定の間隔で穴を開ける管理作業のひとつです。

2~3年に1度、芝生地の環境改善として実施することで、芝生の生育環境を良くできます。数年経って元気がなくなってきた場合には 実施することで改善します。(環境状況や原因が異なる場合には改善しない場合もございます。)
弊社の実績では、エアレーションの無い場合でも良好に維持できているお客様も多数居られますので、有効な作業ではありますが、必須では ありません。

エアレーションの穴あけ道具はホームセンターや園芸店(インターネット販売)にスパイク(ローンスパイクや靴のタイプ、コアリングするパンチ) が販売されていますので、DIYでは上記のような道具で作業を行います。